リストラップとは?おすすめ・使い方・巻き方まで初心者必見の内容【2019年最新】

更新日 : 2019.06.29
05e29c5c 12db 4ba8 abe5 9e2e8b23dcaf
リストラップとはベンチプレスなどを行うときに手首を保護するためのものです。トレーニングしていくうえで手首の痛みはどうしても出てきがちです。そんな時に活躍するのがリストラップです。どんなトレーニングに有効なのか?サイズ感は?固さは?この記事では失敗しない選び方のポイントをしっかりと紹介します。
LineHatena
目次[非表示]

 リストラップはトレーニングを行うときに、手首の保護を目的として手首に巻いて使用するものです。筋トレで多くの人が悩みを抱えている、怪我のリスクを軽減することができます。また、安定して重りを支えることができるため、重量アップの効果も期待できます。

 今回は、オススメの商品やその使い方などを紹介します。正しい使い方を覚えて、より効果的にトレーニングを行なっていきましょう。

リストラップとは?どのようなもの?

91112837-ab8e-484c-a28b-f1c6bbf000f9

 リストラップとは、物自体は伸縮性のある長いバンドのようなもので、トレーニングを行う前に手首に何重にも巻きつけて使います。利用することで、手首を固定した状態でトレーニングをおこなうことができます。

リストストラップとの違いは?

 リストラップは長いバンド状のもので手首に巻いて使います。利用することで、手首を固定した状態で動作を行うことができます。ベンチプレスなど、手の上に重い重さが乗る種目に最適です。

 一方、リストストラップも手首に巻いて使うものですが、その形状が大きく異なります。リストストラップは輪っかになっている部分に手を通して、そこから伸びているひも状の部分をバーベルに巻きつけて使います。そうすることで、握力を使わずにバーベルを持ち続けることが可能となります。デッドリフトなど、重い重さを手で保持する種目で使うためのものです。
【参考記事】リストストラップについてはこちら。

リストストラップとは?おすすめのリストストラップ・使い方・巻き方をご紹介!パワーグリップとの違いは?
肩や懸垂などの背中のトレーニングしているのに前腕ばかりに力が入って疲れてしまうあなたのトレーニングを最大限に高めてくれるリストストラップを紹介します!巻き方や使い方、おすすめの商品まで紹介します。パワーグリップとリストストラップで迷っている方も必見の内容です。

リストラップを使うメリット

8b4650c4-51b3-4a1c-b07e-10933215f245

手首の保護

 使うことで手首を保護することにつながります。可動域が制限されるので、重い重さを手の上に乗せた際に負担が軽減されるのです。負担を減らすことで、怪我のリスクを小さくすることができます。

重りの安定したコントロール

 重さを安定してコントロールすることができるようになります。重さを手に乗せた際に手首が安定していないと、重りがブレてしまいます。重りがブレてしまうと安定したフォームを取ることが難しくなるので、リストラップを巻いて、重りを安定して保持できるようにすることが重要です。

見た目がかっこいい

 リストラップを巻いている人の多くは、重い重さを扱えるようになった中上級者の人たちです。巻くことで、周りの人に一目置かれる中上級者の見た目を演出することができます。まずは形から、という方にはオススメの方法といえるでしょう。

ルーティン動作になる

 セットの前にリストラップを巻く動作は集中力を高めることにもつながります。1セット1セット、巻きながら「ここを気をつけよう」「こういうことを意識してやろう」、と集中力を高めるルーティン動作としておこなうことができるのです。

おしゃれを楽しむアイテムが増える

 昨今はフィットネスブームでジムに通う人も増え、アイテムの種類もとても多くなってきました。色などの見た目も様々なので、トレーニングファッションのおしゃれを楽しむこともできます。

リストラップとリストストラップの使い分けは?

4100e6de-c8f6-442b-8a19-798355e22f4f

 リストラップは手首を固定して負担を軽減する効果があるので、手の上に重りを乗せて行うプレス系の種目に向いています。ベンチプレスやミリタリープレス、上腕三頭筋を鍛えるプレスダウンにも使用できます。

 リストストラップはバーに巻きつけて握力を使わずにバーを持つことができる効果があるので、バーを保持しなければいけないプル系種目などに向いています。デッドリフトやシュラッグ、ラットプルダウンなどにも有効です。

リストラップを選ぶポイント

a15e1a4a-fa72-4a17-a8c0-9eb5c2ef028f

固定帯の長さ

 長さによって、ホールド具合が変わってきます。長ければ長いほど、何重にも巻くことになるので手首は強く固定されることになります。しっかりと固定しない人には、長いものがオススメです。

 逆に、ある程度固定したいけれど少しはゆとりも残しておきたい、という方には短めでも問題ないといえるでしょう。

素材

 素材も、固定に大きな影響を与えます。硬い素材であればあるほど、固定を強くすることができます。柔らかい素材の場合、ある程度ゆとりを残した上で固定することができます。

洗濯の可否

 洗濯機で洗濯ができるものと、できないものがあります。運動中に使用する以上、汚れや匂いはどうしても気になるものです。洗濯機で洗濯ができるかどうかもチェックして購入した方が良いと言えます。

とりあえず使ってみたい・安くておすすめのリストラップ5選!

1cffee81-5107-4743-8dc1-c11c4d755be5

(フェリー) FERRY リストラップ ウエイトトレーニング 手首固定 (2枚組)

9fd801e0-46d5-4dd5-abab-dad910e7fc53

 耐久性の高いフレキシブルタイプの高弾性素材を使用し、柔軟性、伸縮性に優れ、快適なフィット感で手首をしっかりと固定します。厚みのある丈夫な生地で、付け心地はもちろん、耐久性にも優れています。

商品名 (フェリー) FERRY リストラップ 50cm 4カラー
メーカー (フェリー) FERRY
値段 ¥980
長さ 50cm
固さ 柔らかめ
素材 ナイロン、スパンデックス
'

(フェリー) FERRY リストラップ 60cm 3カラー

2d2fc0d3-b863-4b13-a53f-36d57e85f3b6

 フレキシブルタイプなので手首にピッタリとフィットし、ハードなトレーニングでもしっかりと手首の関節を保護します。

商品名 (フェリー) FERRY リストラップ ウエイトトレーニング 手首固定 60cm(2枚組) 3カラー
メーカー (フェリー) FERRY
値段 ¥980
長さ 60cm
固さ 柔らかめ
素材 ナイロン、スパンデックス
'

inkfish リストラップ 手首サポーター

a14cf9c5-e97d-4034-9573-5aa69decaf39

 リストラップは厚みのある丈夫で耐久性の高いナイロン素材を採用され、手首をがっちり保護してくれるので、高重量を扱う際にも安定感が増します。

商品名 リストラップ 手首サポーター
メーカー inkfish
値段 ¥899
長さ 50cm
固さ -
素材 ナイロン
'

Zenoplige リストラップ

288e890c-8851-468f-aeef-3d4379ec17b0

 55cmの長さで手首を固定できます。高弾力性素材で作られ、柔軟性と伸縮性に優れて、手首の怪我防止につながります。高重量なウエイトトレーニングをするときに重宝するアイテムです。

商品名 Zenoplige リストラップ
メーカー Zenoplige
値段 ¥1,050
長さ 55cm
固さ 硬め
素材 -
'

ZAIDAS(ザイダス) リストラップ

c4ed4ac8-6182-4872-a8ef-96721aa2c2bb

 マジックテープの幅を従来品の8~10cmから、12cmに改良。幅を大きくすることで接着面が増えて、安定感がさらにアップしました。幅広い手首サイズの方に対応可能です。

商品名 ZAIDAS(ザイダス) リストラップ
メーカー ZAIDAS(ザイダス)
値段 ¥780
長さ 55cm
固さ -
素材 ナイロン
'

初心者におすすめ・使いやすいリストラップ5選!

 

be8871d5-15e7-4a4d-91ee-da169724c850

(InField) リストラップ

137044d8-eefc-48de-9cca-31e69b2cfca1

 undefinedプレミアム高弾性材質で作られ柔軟性があり、ピッタリ手首にフィットするので激しい運動でもしっかりと関節を保護してくれます。

商品名 InField リストラップ
メーカー InField
値段 ¥900
長さ 62cm
固さ -
素材 -
'

Serious Steel (シリアススチール) リストラップ

9fff84ea-1826-4f21-9018-f09e0370bcb0

 柔軟性、伸縮性に優れ、厚みのある丈夫な生地で付け心地も良く、耐久性にも優れています。

商品名 Serious Steel (シリアススチール) リストラップ
メーカー Serious Steel (シリアススチール)
値段 ¥2,080
長さ 30/45/60cm
固さ -
素材 -
'

AkihoBest リストラップ

8213c82c-c9cc-4a75-99c6-58e3bf841db8

 耐久性の高いフレキシブルタイプの高弾力性素材で作られたリストラップです。左右セットになっています。

商品名 AkihoBest リストラップ
メーカー AkihoBest
値段 ¥1,000
長さ 60cm
固さ -
素材 -
'

L-park リストラップ

d4420aaf-4d82-4c10-875a-2c7d1fcd2fba

 耐久性の高い特殊な素材を採用し、高弾力・高耐久性が高く負荷のかかるトレーニングでも長く使用できます。

商品名 L-park リストラップ
メーカー L-park
値段 ¥680
長さ 62cm
固さ -
素材 -
'

Harbinger レッドライン リストラップ

71242524-6a0c-45f4-ae54-d0d79f81676e

 ウェイトリフティング用リストラップを作って25年以上のメーカーが、 ハードなトレーニングで疲労や損傷のリスクを減少し、 最大限の効果が得られるよう設計した商品です。

商品名 Harbinger レッドライン リストラップ
メーカー Harbinger
値段 ¥2,700
長さ 45cm
固さ -
素材 -
'

しっかりとした保護機能を・上級者におすすめのリストラップ5選!

 

19d1a756-2eca-42c2-8f7e-423730fe1e63

SBD リストラップフレキシブル Mサイズ

51e5949a-86a8-454c-8389-3199e28620ce

 リストラップに使用されている弾性素材は手首をサポートするために独自に開発し製造されたものです。

商品名 SBD リストラップフレキシブル Mサイズ
メーカー SBD
値段 ¥6,100
長さ 40/60/100cm
固さ 硬め
素材 -
'

SBD リストラップスティッフ Mサイズ

2ee5d13a-7d36-46d2-8b97-01990cd69828

 スティッフタイプはとにかく硬くできています。 市場に出回っているリストラップの中では最も硬いと言っても過言ではないでしょう。 手首を固定させる目的では、群を抜いた性能を持っています。

商品名 リストラップスティッフ Mサイズ
メーカー SBD
値段 ¥6,100
長さ 40/60/100cm
固さ かなり硬め
素材 -
'

(スリングショット) Sling Shot リストラップ

9be55c2e-b0f4-44c1-9f18-602d338cb3c2

 アメリカで人気のメーカーが製造している商品です。カラーバリエーションも豊富です。

商品名 (スリングショット) Sling Shot リストラップ
メーカー (スリングショット) Sling Shot
値段 ¥9,000~11,000
長さ 50~90cm
固さ 硬め
素材 -
'

INZER(インザー) リストラップ

8ca4f690-dd9d-439a-8124-9ede6b5a2038

 INZER社は定番のパワーリフティングメーカーです。多くのトップリフターが愛用しています。

商品名 INZER(インザー) リストラップ
メーカー INZER(インザー)
値段 ¥3,900~4,900
長さ 61cm
固さ 硬め
素材 -
'

Rogue(ローグ) リストラップ

9a71fede-8ace-4614-b8ac-80efa1494411

 3つの異なる長さのROGUEリストラップは、いつでも必要な時に手首にサポートを提供します。綿、ゴム、ポリエステルの混合繊維でできており、余分な水分を吸収し、肌を刺激しません。

商品名 Rogue(ローグ) リストラップ
メーカー Rogue(ローグ)
値段 ¥3,446
長さ 30/45/60cm
固さ -
素材 -
'

初心者がリストラップを使うポイント

d1c729c1-4b08-49ae-9ad2-e0a66735da4a

初心者におすすめの長さ

 まずはオーソドックスな50cm前後のリストラップを使用することをオススメします。いきなり短いものや長いものを使うメリットはあまりないので、固定もしっかりできてゆとりもあるバランス型の50cm前後のものをまずは使用して、慣れてきてから自分の好みによって短めや長めのものを使用するのがオススメです。

初心者におすすめの巻き方

 プレス系の動作で脇が開きやすい人は外巻きに、脇が閉まりやすい人は内巻きに巻くことをオススメします。癖を打ち消す方向に力が働いてくれるので、安定したフォームで動作を行うことにつながります。

 また、リストラップについた輪っかには親指を通さない状態でトレーニングを行うのがオススメです。輪っかに指を通したままトレーニングを行なってしまうと、手のひらの一部に輪っかの紐があるので重りを安定してモテない可能性があります。手のひらをフラットな状態に保つためにも、輪っかは外して使用した方が良いと言えます。

初心者におすすめの固さ

 硬さは個人の好みによりますが、まずは柔らかめのものを使用した方が良いと言えます。初心者の場合そこまで重量が重くないことが予想されるので、最初は柔らかめのものでも問題ないと言えるでしょう。重量が上がるにつれ、固定力の強い硬めのものを使用するようにしてください。

リストラップを使うことで効果が高まる種目

 ここからは、リストラップを使うことで効果が高まる種目を紹介していきます!

ベンチプレス

8e212525-07a4-4366-ba73-17bde3570dc3

 ベンチプレスでは重い重さが手の上に乗るため、大きな負荷が手首にかかります。リストラップを使用することで、その負荷を軽減できるためリストラップは必須と言えるでしょう。

【ベンチプレス】正しいフォーム・やり方から怪我をしないための注意点まで徹底解説。
ベンチプレスの効率的なやり方についての記事です。正しいフォーム・コツ・注意点・回数など解説しているので初心者の方は是非お読み下さい。セットの組み方やうまく伸びない人にもぴったりの内容を用意しています!実際にベンチプレス 100kg達成までの体験談も載せております!

ショルダープレス


 ショルダープレスでも手首を曲げた状態で重さを手に乗せるため、手首には大きな負担がかかります。必ずリストラップを使用するようにしてください。

【ダンベルショルダープレスで三角筋強化!!】効果的なやり方・コツについて徹底解説。
三角筋を鍛える種目にダンベルショルダープレスがあります。ほとんどのトレーニーが扱う平均重量は20kg~30kg、上級者になると40kg以上の高重量を扱います。高重量を扱える種目なので筋肥大にとても適しています。

トライセプスプルダウン


 トライセプスプルダウンにおいてリストラップは有効ということができます。押す方向は下ですが、手首に負荷が乗った状態でケーブルを下に押すため、リストラップを巻いた方が良いと言えます。

ケーブルトライセプスプッシュダウンで二の腕を太くする方法を徹底解説。
この記事では、ケーブルトライセプスプッシュダウンの使い方や効果について詳しく説明しています。ケーブルトライセプスプッシュダウンをすることで、二の腕を太くすることができるのです。「二の腕が細すぎてTシャツが着れない」方や「男らしい二の腕を作りたい」方にはオススメな内容になっています。ぜひ、読んでみましょう。

アームカール


 アームカールでリストラップを巻くと手首を安定させることができるため、前腕の筋肉への意識を減らして上腕二頭筋に動きにより集中することができます。

バーベルカールで上腕二頭筋を鍛える|ダンベルカールとの違いも紹介
力強い腕、しなやかな腕を作るには欠かせないバーベルカール。 メジャーで効果を感じやすいトレーニング種目であるバーベルカールのやり方と注意点を解説していきます。それぞれの目的に応じた負荷・回数・セット数も記載します。今から、トレーニングを開始しましょう。

ダンベルフライ


 ダンベルフライでも高重量になってくると、手首への負担が大きくなってきます。ダンベルを胸の上で持ち上げる際や、腕を下げ切った位置で手首の負担を軽減するためにもリストラップは巻いておいた方が良いでしょう。

【ダンベルフライ】大胸筋を鍛えるために欠かせない種目を徹底解説。ベンチプレスとの違いも。
大胸筋を鍛えるのに最適なストレッチ種目のダンベルフライ。今回はそのやり方や注意点、重量の目安、ベンチプレスとの違いなどについて詳しく解説します。フライ種目でバランスの良い胸筋を目指しましょう。

まとめ

 リストラップはトレーニングを行うときに、手首の保護を目的として手首に巻いて使用するものです。トレーニングではよくある、手首の怪我のリスクを軽減することができます。また、リストラップを巻くことで、安定して重りを支えることができるため、重量アップの効果も期待できます。今回ご紹介した内容を参考に、リストラップを使用してより効果的にトレーニングを行なっていきましょう。

【参考記事】こちらの記事もおすすめです。

ステッパーとは?おすすめの7選を紹介!!そのダイエット効果や使い方についても解説。
運動したいけど、ジムに行けないとき、家で簡単に運動ができたら嬉しいですよね。ジムに行かなくても少し運動したい、という方におすすめな器具があります。皆さんはステッパーという器具はご存知でしょうか?性別や年齢問わずに使用できるエクササイズ器具です。今回は広いスペースを必要とせず、運動にも最適なステッパーの特徴やどんな種類があるかなど、ご紹介していきたいと思います。
インターバルトレーニングのダイエット効果とは。インターバルトレーニングについて解説!!
インターバルトレーニングとは、不完全回復を挟みながら運動(中強度〜高強度)を繰り返すトレーニング方法。今回はそのダイエット効果や正しい知識を紹介しています。インターバルトレーニングを正しく取り入れて理想の身体を目指しましょう!
スクワットで痩せよう!スクワットダイエットの効果とは。
今回はスクワットのダイエット効果について解説します。痩せようと思ってスクワットに取り組み始めても正しいやり方でないとダイエット効果は得られません。本記事ではスクワットの正しいやり方についても紹介していきます。
ウォーキングマシンとは?有酸素運動をするのに最適なマシンについて徹底解説!
誰もが一度は見たことがあるウォーキングマシーンですが、正しい使用方法を理解することで、トレーニングに有効に取り入れることが出来ます。そのダイエットに効く効果についての解説やおすすめの商品の紹介などもしていきます。ウォーキングマシンについて知りたい方は必見です。
LineHatena
TAG
この記事に関するタグ